OUTLINE

会社概要・沿革

会社概要

社名 株式会社光洲産業
本社 〒213-0032
神奈川県川崎市高津区久地4-10-11
TEL.044-822-0795 
FAX.044-811-7967
拠点 光洲エコファクトリーYOKOHAMA BAY
神奈川県横浜市神奈川区恵比須町5–12 光洲エコファクトリー川崎・久地
神奈川県川崎市高津区久地594-1外 光洲エコファクトリー川崎・宇奈根
神奈川県川崎市高津区宇奈根759-1外 光洲エコファクトリー横浜・泉
神奈川県横浜市泉区和泉町5874-24外4筆 光洲エコスペース横浜・泉
神奈川県横浜市泉区和泉町5881-8外2筆 栃木・安定型最終処分場
栃木県那須塩原市戸田宇那須東原167-1
設立 1982年12月8日
資本金 1,000万円
取引銀行 横浜銀行 溝口支店
みずほ銀行 武蔵小杉支店
八千代銀行 登戸支店
東日本銀行 川崎支店
東京都民銀行 梶ヶ谷支店
川崎信用金庫 久地支店
業務内容 産業廃棄物の収集運搬及び処理処分
加盟団体 建設廃棄物協同組合
公益社団法人 神奈川県産業資源循環協会
一般社団法人 東京都産業資源循環協会
一般社団法人 千葉県産業資源循環協会
公益社団法人 栃木県産業資源循環協会
関東木材資源リサイクル協会
神奈川エコネットワーク協同組合
神奈川県産業資源循環政策研究会
一般社団法人 神奈川県建物解体業協会
一般社団法人 東京都建物解体業協会
解体リサイクルシステム協同組合
公益社団法人 神奈川労務安全衛生協会
高津安全運転管理者会
高津区交通安全対策協議会
一般社団法人 川崎北工業会
高津消防関係団体連絡会
首都圏情報交換会

沿革

  • 1982.12有限会社光洲産業 設立(川崎市高津区久地)
  • 1983.04収集運搬・処分業の営業開始
    川崎市高津区久地に中間処理施設設置(焼却・選別)
    光洲エコファクトリー 川崎・久地 開設
  • 1992.11本社ビル完成(川崎市高津区久地)
  • 1993.08光洲エコファクトリー 川崎・久地 中間処理施設変更(焼却・選別→破砕・焼却)
  • 1995.06横浜市泉区和泉町に横浜積替保管施設設置 
    光洲エコスペース 横浜・泉 開設
  • 1996.08光洲エコファクトリー 川崎・久地 
    中間処理施設変更(破砕・焼却→破砕・選別破砕・選別)
  • 1998.03産業廃棄物処分業許可取得(栃木県/最終処分)
    安定型最終処分場 開設(栃木県那須塩原市西岩崎)
  • 2000.08川崎市高津区宇奈根に積替保管施設設置 光洲エコスペース 川崎・宇奈根 開設
  • 2001.08光洲エコスペース 川崎・宇奈根を積替保管施設から中間処理施設へ(破砕・切断圧縮・破砕分離)
    光洲エコファクトリー
    川崎・宇奈根 開設
  • 2002.01ISO14001認証取得(本社,光洲エコファクトリー川崎・久地)
  • 2004.05安定型最終処分場許可取得(栃木県那須塩原市戸田に開設)
    ISO14001認証取得(光洲エコファクトリー 川崎・宇奈根 )
  • 2006.06株式会社に組織変更
    横浜市神奈川区恵比須町に中間処理施設設置 光洲エコファクトリー YOKOHAMA BAY 開設
  • 2011.12東京都 優良性基準適合認定制度「産廃エキスパート(収集運搬業)」認定
  • 2013.03ISO14001認証取得(光洲エコファクトリー YOKOHAMA BAY)
  • 2018.04横浜市泉区和泉町に積替保管施設設置 
    光洲エコスペース 泉第二工場 開設
  • 2019.07光洲エコスペース 泉第二工場を積替保管施設から中間処理施設へ(選別、切断、溶融)
  • 2020.06光洲エコファクトリー 横浜・泉 開設(旧:光洲エコスペース 泉第二工場)